戸籍の種類

戸籍の種類



1 戸籍には謄本と抄本があります。
  謄本とはその戸籍の全部の写しことを言います。抄本とは謄本の中の一部で請求のあった人の部分の写しのことです。
  ようするに謄本と抄本は同じ戸籍ですが抄本は謄本の一部と理解していただければ結構です。
  被相続人(故人)の戸籍を請求される場合は必ず謄本が必要になります。
  相続人の方は抄本でも構いません。

2 現在戸籍以外・除籍・改製原戸籍(原戸籍)とあります。
  さらに現在では、電算化(A4横書きのもの)された自治体が多く戸籍謄本=全部事項証明書
  といわれるものが現在戸籍として存在する場合もあります。
 (1)除籍とは、戸籍に記載された方全員が死亡や結婚や離婚などの理由によりいなくなったり、
   戸籍を他の市町村に移動したときに戸籍から除籍へとかわります。
 (2)改製原戸籍(原戸籍)とは、法律の改正により戸籍を作り替えたときに、その基となった戸籍が原戸籍と言います。

3 除籍の保存期間は150年ですが、戦争、水害などの理由により戸籍そのものがなくなっている場合もあり、
  その時は相続人が特定できません。
  提出先によっては別の書類が必要になる場合もあります。

4 戸籍の附票とは、住民票と同じように住所が記載してあります。
  記載内容は本籍地・筆頭者・氏名・住所・住所を定めた日です。
  住民票と同じように住所を証明するものとして使用することができます。
  取得する際は、本籍地の役所に請求することになります。
  本籍地が変わらない限り住所の移動が記載されるので
  住所のみが転々と代わっている方には住所の連続性を証明する書類として有効です



相談:お申し込み

戸籍の取得方法Q&A

Q:相続手続きにはどんな戸籍が必要ですか?
A:相続に必要な戸籍とは、故人の出生から死亡までの連続したものが必要になります。
  一般的には、産まれるとまず両親の戸籍に記載されます。
  そして結婚すると新しい戸籍を作りそこに記載されます。
  このようにいくつかの戸籍に記載されているので記載のある戸籍すべて揃って
  出生から死亡までの戸籍ということになります。
  また相続人全員の戸籍も必要になります。

Q:相続に必要な戸籍はどのようにして集めればいいですか?
A:戸籍を揃える流れはこのようになります。
 ・まず故人の住民票を取ってください。
  その時、本籍と筆頭者を必ず記載してもらって下さい。
       ↓
 ・次に取ってきた故人の住民票を見て下さい。
  本籍、筆頭者という箇所があります。
  戸籍は「本籍と筆頭者」がわからなければ請求できません。
  また本籍地の役所でしか取れませんので本籍地の役所で故人の戸籍謄本(除籍謄本)を取ってきて下さい。
  必ず謄本を取ってきて下さいね。(抄本ではダメです)
       ↓
 ・取ってきた戸籍の内容を読み解き次の戸籍をとります。
  そして次の戸籍と順番に取得し故人が生まれた時まで遡ります
  (実物がないと説明ができないのでここでは省略します。)
       ↓
 ・次に相続人を特定します(相続人Q&Aをご覧下さい)
       ↓
 ・上記の要領で相続人全員の戸籍抄本を取得します

Q:本籍がわからない場合は、どうすればいいですか?
A:本籍地がわからない時は、本籍地が記載された住民票を取得することによって確認できます
  (本籍は免許証に記載してある場合もあります)。
  住民票を取得する際には役所の窓口で必ず「相続で使うので本籍の記載のある住民票を」と言って下さい。

Q:誰の戸籍でも取得することができますか?
A:戸籍は誰でも取れる訳ではありません。
  戸籍に記載されている方、その配偶者(夫または妻)、両親や祖父母、子どもや孫は、その戸籍を取ることができます。
  上記以外の人が、他人の戸籍を取るには、自分の権利を行使したり、自分の義務を履行したりするために
  戸籍の証明書が必要な場合や、国、都道府県、市区町村での手続に戸籍の証明書が必要な場合など、
  正当な理由がある場合に限り取ることができます。
  ただしこの場合でも役所によっては「委任状が必要」と言われたケースもあるようです。

Q:戸籍はどこの市町村でも取れますか?
A:戸籍は本籍地の役所でしか取得することができません。
  最近は市町村合併が多くあり、どこの役所へ行けばよいか(郵送すればよいか)調べる必要があります。
  戸籍を相続で使う旨を申し出されればそこの役所で取得できるものすべて出してくれるところもあります。
  各役所でご確認ください。

Q:相続人はどのようにして決まりますか?
A:相続人は法律(民法)によって決まっています。
  詳しくは相続人と法定相続分をご覧下さい。

相談:お申し込み
このページのトップへ

戸籍Q&A
相続Q&A
遺言書Q&A
遺産分割Q&A

戸籍Q&A

Q:戸籍の謄本と抄本はどのような違いがありますか?
A:戸籍の謄本とはその戸籍の全部の写しことを言います
  戸籍は結婚している場合は夫、妻、子どもの家族単位になっていることが一般的です。
  抄本とは謄本の中の一部で、請求のあった人の部分の写しのことです。
  ようするに謄本と抄本の違いは、同じ戸籍ですが抄本は謄本の一部と理解していただければ結構です。
  故人の戸籍を請求される場合は必ず謄本が必要になりますが相続人の方は抄本でも構いません。

Q:戸籍にはどんな種類がありますか?
A:現在戸籍以外、除籍簿・改製原戸籍簿(原戸籍)とあります。
  さらに現在では、電算化(A4横書きのもの)された自治体が多く
  戸籍謄本=全部事項証明書といわれるものが現在戸籍として存在する場合もあります。

Q:除籍簿とは何ですか?
A:除籍簿とは、戸籍に記載された方全員が死亡や結婚や離婚などの理由によりいなくなったり、
  戸籍を他の市町村に移動したときに戸籍から除籍へとかわります。

Q:改製原戸籍簿(原戸籍)とは何ですか?
A:改製原戸籍簿「かいせいげんこせき」と言いますが、一般的には原戸籍「はらこせき」と言ったりします。
  これは法律の改正により戸籍を作り替えたときに、その基となった戸籍が改製原戸籍と言います。
  一般的なのは昭和23年改正と平成6年改正とがあります。

Q:戸籍が取れなくなる事はありますか?
A:あります。
  除籍の保存期間は150年ですが、戦争、水害などの理由により戸籍そのものがなくなっている場合があります。
  その時は相続人が特定できませんので提出先によっては別の書類が必要になる場合もあります。

Q:相続で使用する戸籍に期限はありますか?

A:期限はありません。
  よく3ヶ月と勘違いをされている方がお見えですが、相続で使用する戸籍に期限はありません。
  ただし提出先によっては相続人については3ヶ月以内のものを求められるケースがあるみたいです。

Q:戸籍の附票とは何ですか?
A:戸籍の附票とは、住民票と同じように住所が記載してあります。
  記載内容は本籍地・筆頭者・氏名・住所・住所を定めた日です。
  住民票と同じように住所を証明するものとして使用することができます。
  取得するには、戸籍と同じように本籍地の役所に請求することになります。
  本籍地が変わらない限り住所の移動がわかるので住所のみが転々と代わっている方には
  住所の連続性を証明する書類として有効です

相談:お申し込み
このページのトップへ

戸籍の取得方法Q&A
相続Q&A
遺言書Q&A
遺産分割Q&A