財産評価

相続財産の評価に関するお話しです。

相続税法では相続財産の評価は
原則として時価で計算することになっているようです。

相続税が発生しない場合は
一般的に問題も少ないでしょうが

相続税が発生する場合は評価の仕方で
税額に大きな違いが出てくる場合があります。

基本的に相続税は基礎控除
5000万円+1000万円×相続人の人数
がありますので

相続税が課税されるケースは
全体の4%程度と言われています。

しかし4月以降
基礎控除が現在の60%になるかもしれません。

そうなると課税されるケースは倍に増えると
言われています。

さて財産評価は非常に複雑で
また税制が頻繁にかわるため
税理士でも専門に扱う税理士でないと
正確に評価するのは難しいと言われています。

当事務所では基本的に財産調査はしておりませんが
相続を専門に扱う当事務所としては
当然相続に強い税理士とも提携しておりますので
ご紹介いたします。

相続税が課税されるおそれがある方は
一度当事務所へご相談下さい。

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

公正証書遺言のススメ

相続人同士で争いが起こり
話がまとまらない
そのようなケースが増えてきているように
見受けられます。

そうならないためにも
当事務所は公正証書遺言をオススメしております。

なぜか?

公正証書遺言があれば相続人同士で
遺産分割をする必要がないからです。
(遺言書の記載内容によりますが・・・)

遺言書で財産すべてを妻に相続させる。

と記載があれば他の相続人の協力がなくても
奥様が一人で手続きを進めることができます。

遺言書の最大のメリットと言えます。

また自筆証書遺言ではなく
公正証書遺言のほうがオススメです。

なぜか?

自筆証書遺言の場合は
厳格な法律要件があります。
今まで見てきた自筆証書遺言は
法律要件を備えていない
ものがほとんどでした。

それに比べて公正証書遺言の場合は
公証人が作成しますので
法律要件を満たしていないと言うことは
ほとんどありません。

我が家に限っては・・・
と言うことはありません。
「備えあれば憂いなし」です

一度この機会にお考えになってはいかがでしょうか?

当事務所では遺言書作成のお手伝いもいたします。

詳しくお知りになりたい方は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

遺産分割協議書と相続関係説明図のサンプル

昨日東北地方で大変な災害がありましたね。
被災された方、お見舞い申し上げます。
皆さまがご無事であることをお祈りいたします。


さて当事務所の考えを少々お話しさせていただきます。

当事務所では
お客様がご自身で手続きをしたいが
手間なことは専門家に任せよう
と考えているお客様のお手伝いをしたいと
思っております。

少しでもお客様のご負担が減るよう考え
このサイトを立ち上げております。

また少しでもお客様のお役に立てる情報を
提供できるようにと考えております。

そのひとつに
遺産分割協議書と家系図(相続関係説明図)
のサンプルを提供しております。

これを参考にしていただき
ご自身で書類を作成していただければ幸いです。
またご依頼のお客様には無料でアドバイスいたします。

料金体系も
お客様が手間だと感じる手続きだけを
選んでご依頼いただけるようしております。


どんな細かいことでも結構です
一度お問い合わせ下さい。


詳しくお知りになりたい方は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。