音信不通の相続人がいる場合

父から存在は聞いているが一度も会ったことがない
それでも相続権はあるんですか?

先日こんな質問を受けました。

前妻の子どもがお見えのようです。

異母兄弟、異父兄弟またお付き合いのない親戚が
相続人になることはよくある話です。

戸籍に記載がある以上、
欠格事由に該当しない限り相続人です。

反対に記載がなければ相続人にはなりません。
特殊なケースで死後認知を除けばの話です。

さて相続人を特定する作業は簡単に終わります。

が、しかしそこからどうするか?
悩ましいところです。

遺言書がありその内容が
「特定の遺産を特定の相続人に相続させる」
「一切の財産は○○に相続させる」
となっていれば何ら問題なく手続きは進んでいきますが

遺言書がなければ
遺産分割協議をしなければ手続きは進んでいきません。

一度も会ったことも話をしたこともない方に
いきなり遺産分割協議書を示して

「これに署名して実印で押印し印鑑証明書を下さい」

っと言っても簡単にいくはずもありません。

こういったケースでも当事務所では
アドバイスやお手伝いをさせていただいております。


詳しくお知りになりたい方は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。