成年後見 1

成年後見に関するお話しです。


成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害
などの方を保護し権利を守る制度です。


判断能力の程度などによって、後見・補佐・補助と3種類あります。

裁判所によって選ばれた人が、
本人に代わって契約などの法律行為をしたりします。

例えば相続手続きをする中で、
遺産分割をしようとしたとき、
認知症で意思を表示することができなければ、
遺産分割協議をすることはできません。

このようなケースでは成年後見人が本人に代わって
遺産分割協議をするしか方法はありません。

また相続放棄などの手続きをする際にも
成年後見人が代わってすることになります。


後見人の役割は財産管理や契約などの法律行為をすることです。


申立方法などは後日ご説明します。


詳しくお知りになりたい方は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。