保険会社

本日、大手保険会社の方とお会いしました。

保険会社と行政書士?


そう思われた方もお見えかもしれませんが
案外そうでもありません。

保険会社と言えば契約者様が亡くなられた時に
お支払いする保険がありますよね。

生命保険、傷害保険などなど・・・

その保険を請求する時には当然戸籍が必要になります。

なかなか忙しい契約者様にかわって
行政書士が手続きをすることも可能です。

保険会社としても手続きが円滑に進み
お客様に「あれが足りない、これも追加で」などと
言うこともなくなります。

意外と保険会社の担当者もお客様に何度も頼みづらいものです。


そう言った時に行政書士を活用していただければ幸いです。

また車検証が必要な時

代理店などの研修時

行政書士ができることは結構あります。

是非、この機会にご検討されてはいかがでしょうか?


本日この機会をご用意していただいたMさん
ありがとうございました。


詳しくお知りになりたい方は
一度当事務所へご相談下さい。
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

住民票と戸籍の附票

先日農地を宅地に変える
農地転用の届出のご依頼がありました。

その際、依頼人の方の住所が変更していたので
住所が変更している証明書が必要です。

住民票を取り寄せたところ
登記簿上の住所が出てきませんでした。

そして戸籍の附票を取り寄せました。
それでも登記簿上の住所は出てきませんでした。

こうなりますと公の書類では
所有者と申請人との同一性を
証明することができません。

こういうときは


「申立書」を添付いたします。

内容はいたって簡単です。
登記上(所有者)と申請人の住所が
違っておりますが
同一人に相違ありません。

といった内容になります。


詳しくお知りになりたい方は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。