相続の放棄

故人に借金が多い場合や
遺産を相続したくない場合など


「相続の放棄」という手続きがあります。


これは裁判所に申述(書類を提出)して行います。

相続の放棄をすると
その相続に関して初めから相続人ではなかった

ことになります。


ようするに
故人のお子さんが相続の放棄をすると
故人のお父さん、お母さんが相続人となります。

故人のお父さん、お母さんが相続の放棄をすると
故人の兄弟姉妹が相続人になります。


このように故人に借金が多い場合は
お子さんが相続の放棄をするだけではなく
兄弟姉妹まで相続の放棄をする必要があります。


ではいつまで相続の放棄ができるか?

自己のために相続の開始があったことを
知った時から3ヶ月以内

となっております。


一般的に
お子さんは故人が亡くなった時からです。

お父さん、お母さんの場合は
お子さんが相続の放棄をした時からです。

兄弟姉妹の場合は
お父さん、お母さんが相続の放棄をした時からです。


故人に子どもがいるから
故人に両親がいるから

そう思って何も手続きをせず
そのままにしておりますと


借金を相続することになりますので
注意してください。




相続手続きでお悩みの方は
一度当事務所へご相談下さい。
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。