相続のご依頼

本日、相続のご依頼をいただきました。

ありがとうございます!


不動産の登記までのご依頼ですが

ワタクシの役割は戸籍を取り寄せて遺産分割協議書を作成するまでです。

あとは、司法書士にバトンタッチです。

明日から戸籍の取り寄せ開始です



また、6月13日に申請した登録免許税の非課税申請は

6月20日に実地調査、そして本日許可おりました。

けっこうダッシュでやってくれたみたいで感謝です。

おもしろい担当者でしたよ。



またまた、相続人様から相続手続きの書類が揃ったので

銀行、証券、信託、回りを始めなきゃ。



明日は区役所→県庁→銀行


バタバタと動き回ります。


何事もスピード命ですからね。


当事務所の特徴のひとつでもあります。


フットワーク軽いですよ!



クライアント様の笑顔のために

暑いですが、がんばるぞ〜〜



詳しくお知りになりたい方は

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。





.

相続が・・・その時あなたは?

さきほど電話でお問い合わせをいただきました。


お問い合わせをいただいたのは

義母が亡くなったそうで、長男の奥様からでした。



インターネットで相続手続きに何が必要なのか調べていたら

手続きの煩わしさ、書類の多さに嫌気がさして

問い合わせをされました。



当然本人は相続人ではありませんが夫に代わってのお問い合わせでした。



さて、義母名義の不動産、預貯金、証券とあるそうです。

何から手を付けてよいのやら・・・

皆さんきっと同じかと思います。



面倒ですが一つずつ手続きしていくしか方法はありません。



銀行などは「相続が発生した」と聞けば当然口座は凍結です。

預貯金は一切おろせなくなります。

ただし「相続が発生した」と知ったらの話です。


聞くところによれば葬儀費用などで使うケースもあるみたいですね。



手続きを早く進めるためには、まず遺産の確認が必要です。

そして、四十九日の頃には大まかでもどんな遺産がどれくらいあって誰が相続をするか?

お話し合いをされる方がいいでしょうね。



それができるとその後の手続きは案外スムーズにいくでしょう。


あとは面倒な手続きだけを当事務所に依頼していただければOKです。

戸籍の取り寄せが一番手間かもしれませんね。


時間がない方にとっては銀行や証券会社に行くのは大変でしょうね。


不動産の名義変更は法務局ですが

最近は法務局も親切になっているので数回通えば申請書も出来ると思いますが

物件所在地を管轄する法務局まで行く必要があるでしょうね。

もっとも現在は不動産の登記申請もオンライン、郵送も可能ですが

まだまだ一般の方が手続きをされるのには大変かと思います。



面倒だと感じた手続きは当事務所へお問い合わせください。

手続きの方法を詳しくご説明いたします。

その上で、やはり面倒だと感じたらご依頼してください。


詳しくお知りになりたい方は

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

外国人登録証明書の期限にご注意

名古屋は今日も一日暑かったです晴れ


今日は午前中、宗教法人が不動産の所有権を移転する際に

登録免許税が非課税になる、非課税証明の実地調査があり立ち会ってきました。


特に問題はなく30分ほどで終了



昼からは区役所へ帰化申請用に外国人登録の

記載事項証明書&外国人登録原票の写しをもらってきました。


この方、実は数年前に外国人登録証明書の切替申請期間が切れておりました。

実際、特別永住の方は、普段の生活でこの外国人登録証明書の提示を求められることもなく

期間など気にすることなく生活をしていると思います。

少なくともこの方はそうでした。


また、自動車運転免許証のように更新案内のハガキが来るわけでもなく・・・


今回帰化申請をするということで気付かれましたが

これがなければきっともうしばらくは気付かずにいたんでしょうね。


しかしながらこのままでは申請義務違反となってしまいます。


一度お手元の外国人登録証明書を確認してくださいね。


「次回確認(切替)申請期間」が過ぎている方は

居住地の市町村役場へ行って申請をしてきて下さいね。


ちなみに、新しい外国人登録証明書の発行を受けるまで

3週間ほどかかりますよ。



あっ!内容証明のご相談もいただきました。



相続以外のご依頼も増えている今日この頃です。


詳しくお知りになりたい方は

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。