公正証書遺言の証人

公正証書遺言の証人として公証役場へ行ってきました。



公正証書遺言の一番オーソドックスなかたちは


「相続人○○へすべて相続させる」っと言ったものになります。



この場合でも、もらえない相続人には遺留分というのがあります。

法定相続分の半分です。


ただし、遺言者の兄弟姉妹には遺留分はありませんので

兄弟姉妹に相続財産が渡りそうな場合には公正証書遺言は絶大な効力があります。



また遺留分を超える(侵害する)遺言内容でも遺言は有効です。



なので、財産をもらえる相続人は遺言書を持って早々に手続きを済ませてしまいましょう。




遺留分減殺請求は請求があってから考えましょう




ちなみに公正証書遺言をするときに必要な書類は

・遺言をする人の戸籍・印鑑証明書、

・財産をもらう人の戸籍

・総財産の概算金額を算出するための書類



などが必要になってきます。




それにしてもまだ公正証書遺言は少ないのかなぁ〜



あると後々便利なんだけどなぁ〜〜





・遺言書の作成

・相続手続き

・戸籍謄本の取り寄せ

・相続・遺言に関するご相談


一度、当事務所へご連絡ください。



こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。