株式の相続

株式の相続のお話しです。


通常は被相続人が証券会社に取引口座を持っています。

なので取引している証券会社がわかれば

残高証明書などを発行してもらえば財産を調べることが出来ます。

そして手続きは相続する相続人が取引口座を開設し名義変更の手続きを行います。

書類は銀行などとあまり違いはありません。


しかし、特別口座にある株を確認する場合は

株主名簿管理人(ほとんどが信託銀行)ごと

正確には銘柄がわからなければほとんどの場合調べてもらえません。

被相続人が所有している株の銘柄がわかればその会社の株主名簿管理人

たとえばトヨタ自動車株式会社の株の場合は

三菱UFJ信託銀行の証券代行部に連絡をすれば確認してもらえます。

株の所有権証明書や残高証明書、未配当があれば

それらの証明書も発行してもらえます。


株主名簿に記載されている被相続人の住所であれば

電話だけで送ってもらえることもあります。


しかし、銘柄がわからなければ

株主名簿管理人に他の銘柄も調べてほしいと言っても基本的には断られます。

調べてくれる信託銀行もありますが・・・・



そうなるとお手上げ?



もう株主総会の招集通知や配当の通知などが送られてくるのを待つしかありません。


被相続人が所有している株がわかったら相続手続きの書類を提出し

証券会社に取引口座を開設しそこに株式を移す、という手続きが必要になります。

かなり手間がかかる作業になります。




専門家に任せると、自宅にいながら書類が届くのを待つだけですよ。



ぜひ、ご相談下さい。

詳しくお知りになりたい方は

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。