妻の連れ子に相続させたい

年々、離婚が増えている中、当然再婚も増えています。

そこで再婚した相手に連れ子がいる場合

あなたならどうしますか?


再婚をしただけでは当然にあなたの子どもにはなりません。

と、いうことはあなたの相続人にはならないということです。



あなたの相続人になるためには、養子縁組をする必要があります。

養子縁組をすると相続人になります。



前妻との間にも子どもがいた場合

養子縁組をしておかないと前妻との間の子どもは一切付き合いがなくても相続人となります。



反対にあなたが亡くなるまで面倒を見てくれた再婚相手の連れ子は相続人とはならず

あなたの財産を一切相続することが出来なくなります。



そうならないためにも、養子縁組をしておきましょう。




しかし、何らかの事情で養子縁組ができない場合は遺言書を残して、

遺贈する方法があります。


この方法だと前妻との間の子どもに多くの遺留分が発生する恐れがありますので

やはり養子縁組をすることをお勧めします。




離婚したときは、離縁することもお忘れなく。

離縁をしないと、離婚した後もずっとあなたの養子のままですから。




前妻との間に子どもがおり、再婚相手に連れ子がいる場合

相続の時はもめることを想定しなければなりません。


たとえ養子縁組をしたとしても遺言書をちゃんと書き残した方がいいですよ。



思い当たる方は今から専門家に相談することをお勧めします。


詳しくお知りになりたい方は

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。