インターネットオークション(古物商の営業許可)

本日、古物商の営業許可を取得したいという

クライアント様と打合せをしてきました。


突然ですがインターネットオークションをやったことありますか?

これをやるのに古物商の営業許可が必要だと思いますか?

実は・・・・・


いる場合といらない場合があります。

自分が使っていた物をオークションに出す場合は許可は「不要」です。

しかし、転売目的で落札した物を出品する場合は許可が「必要」です。

一般的には「古物の売買、交換、委託を受けての売買・交換を営利の目的をもって同種の行為を反復継続して行うこと」

と、言われております。

個人的な意見としては、中古品を頻繁に落札し出品していれば

営業に該当するとみなされるでしょうね。


では・・・・・古物とは?

当然、「一度使用された物品」のことをいいます。

この「古物営業法」という法律は

一言でいうと「盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図る」

ことを、目的としています。なので古物を対象としています。

なので

・小売店から購入した新品を売る。
・自分で使った物を売る。
・タダでもらった物を売る。

これらの場合は古物営業に該当しないため許可は不要です。


転売目的でインターネットオークションを利用されている方は

「古物商の営業許可」が必要ですよ。

ちなみに許可を受けずに営業をした場合の罰則は

「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」です。




詳しくお知りになりたい方は

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。