帰化申請

帰化申請のご依頼をいただき書類収集に奔走しております。


相談に見えたとき、昔、自分で帰化申請をしようと法務局に行きましたが取りよせる書類の多さに断念しました。
また両親も途中で断念したそうです。

では、書類の収集は本当に大変なんでしょうか?

ところで帰化の一般的な条件をご存じですか?

1.引き続き5年以上日本に住所を有すること。

2.20才以上で本国法によって行為能力を有すること。

3.素行が善良であること。

4.自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること。

5.6.省略

これらの条件を満たしているか審査するために書類が必要になってくるわけです。


確かに揃える書類は多いです。
例えば韓国籍に方なら

(1)外国人登録原票記載事項
(2)本国が発行した家族関係記録事項証明書など
(3)日本での届け出た書類(出生証明書、婚姻証明書など)
(4)所得証明書、納税証明書など納税の証明書
(5)収入の証明書
(6)自動車運転記録証明書


最低、これらは必要です。

お勤めの方には厳しいかもしれませんね。


当事務所にご依頼をいただければ書類の収集も法務局への同行もすべておこないます。



帰化申請をお考えの方は、一度ご相談下さい。


詳しくお知りになりたい方は

こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。