相続

相続人と法定相続分



(1)配偶者(夫または妻)は常に相続人となります。
  ただし、事実婚など戸籍に記載のない場合は相続人にはなりません。

(2)配偶者(夫または妻)以外の相続人には順番があります。
  第1順位の該当者がいない場合、相続権は第2順位へ。
  第2順位の該当者がいない場合は第3順位へ。
  そして第3順位もいない場合は相続人不存在となります。

法定相続分
配偶者の法定相続分
第1順位
子ども(養子)※1 1/2×1/人数
1/2
第2順位
父母(養父母)や祖父母※2 1/3×1/人数
2/3
第3順位
兄弟姉妹※3 1/4×1/人数
3/4

 ※1 子どもが被相続人(故人)より先に死亡している場合などは孫が相続人になります。
     さらに孫も先に死亡している場合はひ孫が相続人となります。
     誰もいない場合は第2順位が相続人となります。
     胎児も相続人に含まれます。
 ※2 父母が被相続人(故人)より先に死亡している場合などは祖父母が相続人になります。
     さらに祖父母も先に死亡している場合は曽祖父母が相続人となります。
     誰もいない場合は第3順位が相続人となります。
 ※3 兄弟姉妹が被相続人(故人)より先に死亡している場合などは甥や姪が相続人になります。
    甥や姪が先に死亡している場合は、その子どもは相続人とはなりません。

(3)その他に、認知の子、養子、養親が存在する場合や死亡年月日の前後によって相続人が変わる場合があるので
   注意が必要です。

(4)法定相続分とは、民法で定められた相続分で、相続人同士で協議(遺産分割協議)をすることによって、
   法定相続分と異なる内容を相続することができます。


相談:お申し込み
このページのトップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: