戸籍の取得方法Q&A

Q:相続手続きにはどんな戸籍が必要ですか?
A:相続に必要な戸籍とは、故人の出生から死亡までの連続したものが必要になります。
  一般的には、産まれるとまず両親の戸籍に記載されます。
  そして結婚すると新しい戸籍を作りそこに記載されます。
  このようにいくつかの戸籍に記載されているので記載のある戸籍すべて揃って
  出生から死亡までの戸籍ということになります。
  また相続人全員の戸籍も必要になります。

Q:相続に必要な戸籍はどのようにして集めればいいですか?
A:戸籍を揃える流れはこのようになります。
 ・まず故人の住民票を取ってください。
  その時、本籍と筆頭者を必ず記載してもらって下さい。
       ↓
 ・次に取ってきた故人の住民票を見て下さい。
  本籍、筆頭者という箇所があります。
  戸籍は「本籍と筆頭者」がわからなければ請求できません。
  また本籍地の役所でしか取れませんので本籍地の役所で故人の戸籍謄本(除籍謄本)を取ってきて下さい。
  必ず謄本を取ってきて下さいね。(抄本ではダメです)
       ↓
 ・取ってきた戸籍の内容を読み解き次の戸籍をとります。
  そして次の戸籍と順番に取得し故人が生まれた時まで遡ります
  (実物がないと説明ができないのでここでは省略します。)
       ↓
 ・次に相続人を特定します(相続人Q&Aをご覧下さい)
       ↓
 ・上記の要領で相続人全員の戸籍抄本を取得します

Q:本籍がわからない場合は、どうすればいいですか?
A:本籍地がわからない時は、本籍地が記載された住民票を取得することによって確認できます
  (本籍は免許証に記載してある場合もあります)。
  住民票を取得する際には役所の窓口で必ず「相続で使うので本籍の記載のある住民票を」と言って下さい。

Q:誰の戸籍でも取得することができますか?
A:戸籍は誰でも取れる訳ではありません。
  戸籍に記載されている方、その配偶者(夫または妻)、両親や祖父母、子どもや孫は、その戸籍を取ることができます。
  上記以外の人が、他人の戸籍を取るには、自分の権利を行使したり、自分の義務を履行したりするために
  戸籍の証明書が必要な場合や、国、都道府県、市区町村での手続に戸籍の証明書が必要な場合など、
  正当な理由がある場合に限り取ることができます。
  ただしこの場合でも役所によっては「委任状が必要」と言われたケースもあるようです。

Q:戸籍はどこの市町村でも取れますか?
A:戸籍は本籍地の役所でしか取得することができません。
  最近は市町村合併が多くあり、どこの役所へ行けばよいか(郵送すればよいか)調べる必要があります。
  戸籍を相続で使う旨を申し出されればそこの役所で取得できるものすべて出してくれるところもあります。
  各役所でご確認ください。

Q:相続人はどのようにして決まりますか?
A:相続人は法律(民法)によって決まっています。
  詳しくは相続人と法定相続分をご覧下さい。

相談:お申し込み
このページのトップへ

戸籍Q&A
相続Q&A
遺言書Q&A
遺産分割Q&A