相続手続き(限定承認)

限定承認とは・・・

故人の財産がどれくらいあるか、債務がどれくらいあるか不明であり,
財産が残る可能性もある場合などに,相続人が相続によって得た財産の限度で
故人の債務を負担する制度です。

限定承認ができる要件は

家庭裁判所に申述する必要があります。
相続人全員が共同して行う必要があります。
相続の開始があったことを知ったときから3か月以内にする必要があります。

また不動産を競売にて売った場合、譲渡所得税もかかるようなので
注意が必要です。


手続きはかなり煩雑ですので専門家に相談することをお勧めします。